タグ: mac

Vagrant synced_folder の設定でつまづいた

Vagrant の synced_folder の設定を書いた際にちょっと起こったお話

いつも通りに Vagrantfileに以下のように書いた

config.vm.synced_folder "/hoge", "/hoge", owner: "hoge", group: "hoge"

よしこれでOKっと思って vagrant reload したら

sync 先の ディレクトリが空になっていた・・・・

記述したところをコメントアウトしてreloadしたら
ディレクトリ内容は元に戻りました

とりあえずsync先のディレクトリをコピーしておいて
syncの設定を記述して中身を元に戻しました

普通に考えたらSyncするんだから空になることは当たり前だったがめちゃくちゃ焦ったのでメモ

もっといい方法とかあったら教えて下さい

bash から zsh に移行

ターミナルで今までBashを使っていたがzshに移行した

どうせ使うなら最新のzshがいいのでportからインストール
 

sudo port install zsh

インストールが終了したら以下を実行するように求められるのでコピーして実行
 

sudo sh -c "echo '/opt/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
chsh -s /opt/local/bin/zsh

このまま再起動してもいいけどパス通らなくなるので以下の通りに追加
 

vim ~/.zshrc
export PATH=.:~/bin:/opt/local/bin:$PATH

それでターミナルでもなんでもいいけど再起動する
 

端末名横が見慣れた $や#じゃなくて%になっていれば終わり
 

bash時代には.bashrcゴリゴリしてたからzshでも.zshrcをゴリゴリしてみた
 

Githubにソース公開するのでご自由に持って行ってください

Apple 提供の Java SE 6 Web プラグインと Web Start 機能を再び有効にする

Juniper Network Connectを使用しあるネットワークに

VPNで接続していますがOSのアップデートと同時にJava SE7が導入され

Network Connectがうまく動作しなくなりました

AppleのホームページにJava SE 6 Web プラグインと

Web Start 機能を再び有効にする方法が乗っていました

Apple 提供の Java SE 6 Web プラグインと Web Start 機能を Lion および Mountain Lion で再び有効にする方法を説明します。

と書いてありますがMavericksでも同様の動作で使用できます

Java for OS X 2013-005:Apple 提供の Java SE 6 Web プラグインと Web Start 機能を再び有効にする方法.

以上の手順でTerminalから入力していけば今までどおりNetwork Connect を

利用することが出来ます