タグ: centos6

CentOS に Google chrome をインストール

CentOSにGoogle Chromeをインストールしました。

YUMからインストールする方法です
YUMのレポジトリを作成します

sudo vim /etc/yum.repos.d/google.repo

エディタが開いたら以下の内容を記述

OSが 64bit の場合 name と baseurlの i386 を x86_64 に書き換えてください

[google]

name=Google - i386
baseurl=http://dl.google.com/linux/rpm/stable/i386

enabled=1
gpgcheck=1

gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

インストール作業

正式、ベータ、開発の3種類あるので好きなバージョンを選択してインストール

正式バージョン(安定)のインストール

sudo yum install google-chrome-stable

ベータバージョンのインストール

sudo  yum install google-chrome-beta

開発中バージョンのインストール

sudo  yum install google-chrome-unstable

以上でGoogle Chromeがインストールされ使えるようになりました。

Subversionの導入

あるサーバーにSubversionを導入しました 以下忘れないようにメモ書きを

インストール作業

yum install -y subversion mod_dav_svn

設定作業

vim /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

Basic認証はすでに使えるものとする。 以下を追加

<Location /repos>
    DAV svn
    SVNParentPath /var/www/svn
    SVNAutoversioning on

    # Limit write permission to list of valid users.
    <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
        AuthType BASIC
        AuthName "User Authorization"
        AuthUserFile <htpasswdファイルがある場所>
        Require valid-user
    </LimitExcept>
</Location>

ディレクトリの作成

mkdir /var/www/svn

所有者の変更

chmod apache:apache /var/www/svn

Apacheの再起動

/etc/rc.d/init.d/httpd restart

レポジトリの作成 sampleのレポジトリ作成

svnadmin create /var/www/svn/sample

ブラウザで youredomein/repos/sample にアクセスし レポジトリが出来ていれば終わり

lm_sensorsの導入

サーバーの置いている場所も悪いが異様にサーバーが熱を持ってたので

以下の lm_sensors のパッケージをインストールした時のメモ

インストール

yum install lm_sensors

設定

sensors-detect
// ひたすらEnter

以上でインストールと設定終わり

実行方法

sensors

だけ

実行結果1台目 – Atom™ CPU N280

acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:       +26.8 C  (crit = +100.0 C)                  
coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:      +34.0 C  (high = +70.0 C, crit = +90.0 C)

実行結果 – Core™2 Duo CPU     E7300

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:      +38.0 C  (high = +76.0 C, crit = +100.0 C)
Core 1:      +38.0 C  (high = +76.0 C, crit = +100.0 C)