タグ: apache

Subversionの導入

あるサーバーにSubversionを導入しました 以下忘れないようにメモ書きを

インストール作業

yum install -y subversion mod_dav_svn

設定作業

vim /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

Basic認証はすでに使えるものとする。 以下を追加

<Location /repos>
    DAV svn
    SVNParentPath /var/www/svn
    SVNAutoversioning on

    # Limit write permission to list of valid users.
    <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
        AuthType BASIC
        AuthName "User Authorization"
        AuthUserFile <htpasswdファイルがある場所>
        Require valid-user
    </LimitExcept>
</Location>

ディレクトリの作成

mkdir /var/www/svn

所有者の変更

chmod apache:apache /var/www/svn

Apacheの再起動

/etc/rc.d/init.d/httpd restart

レポジトリの作成 sampleのレポジトリ作成

svnadmin create /var/www/svn/sample

ブラウザで youredomein/repos/sample にアクセスし レポジトリが出来ていれば終わり

Basic認証

前回、phpMyAdminを導入したが、誰でもフルパスを知っていれば

アクセスできるような状態だったためどうかな?と思い何かないかなと思って

調べていたらBasic認証って言われるものが見つかったので導入メモ

ディレクトリはすでに作成済み

パスワードの設定 ユーザー名 = user

ディレクトリはどこでも可能

htpasswd -c /etc/httpd/.htpasswd user
//(以降パスワードを2回入力)

Apacheの設定

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

以下を追加

<Directory "/var/www/html/phpMyAdmin">
    AuthType Basic
    AuthName "表示させたい文字を入力"
    AuthUserFile "/etc/httpd/.htpasswd"
    Require valid-user
</Directory>

Apacheを再起動

/etc/rc.d/init.d/httpd restart

ブラウザで指定したディレクトリでBasic認証画面が出てきたら完了