dRubyを使ってみた

dRubyを使ってみた