Laravelエキスパート養成読本を頂いて

4/21(火)に発売される「Laravelエキスパート養成読本」を頂きました
私の文章力で申し訳ないですが書評書かせていただきます

php フレームワークを使った開発は Zend, Symfony,CakePHP2, 最近Laravel4を使った開発を行っています
そろそろLaravel5を使った案件が出てくる気がします

実際にLaravelエキスパート養成読本を読んでみて思ったことです

こんな人に向いている?

  • Laravelにあまり触れたことがない
  • Laravelを使った開発もスタートしそう
  • まだまだ、Laravel初心者 (← 私です)
  • もっとLaravelについて知りたい

目次

目次はこんな感じでした

  • Chapter 1 – Laravelをはじめよう
  • Chapter 2 – MVCモデルが基礎からわかる
  • Chapter 3 – IoCコンテナ、ファサード、サービスプロバイダ、Eloquent
  • Chapter 4 – Laravel5の新機能を紹介!
  • 特別記事 – PHPフレームワーク最新事情
  • Chapter 5 – 実践!REST APIアプリケーション

個人的なおすすめChapter

PHPフレームワーク触るのが初めての人

  • Chapter 2 – MVCモデルが基礎からわかる

絶対このチャプターだと思いました
現在後輩に開発について聞かれることが多いのですが、だいたい

MVCってなんですか! って質問です

いつも簡単な図とサンプルのコードを示しながら説明しているのですが
イマイチ理解してくれていない気がしてなりません

実際自分も始めの頃はここでつまずきサンプルコードを
なんども写経してた覚えがあります

簡単なサンプルがあり、しっかりと説明しているChapter 2は良いと思いました

後輩に、おすすめするつもりです (←割りとガチ)

Laravel中級者 (私です)

  • Chapter 3 – IoCコンテナ、ファサード、サービスプロバイダ、Eloquent
  • Chapter 5 – 実践!REST APIアプリケーション

自分は Chapter3を何度も読みました

わかりやすく、もう少し早くこの書籍に触れることができていれば・・
深くまで理解せず使っていたのでちょっと恥ずかしいです

LaravelのIoCコンテナやファサードをしっかりと理解することが出来本当に良かったと思います。

また Chapter 2 よりも少し実践的内容になっている
Chapter5もかなりいいなと思いました

なんせLaravelを利用して作られたプロダクトの
解説付きのソースを見れるってことがなかなか出来ないことなので

もっと欲しかったところ

今回この本の趣旨からずれるかもしれませんが
もう少しLaravel5についての記述が欲しかったなと思いました

おそらく新規で始まるプロジェクトは
Laravel5を採用するのでは無いかなと思ったので

実際、まだ設計段階ですがLaravel5を用いるであろう
プロジェクトが動き出しているので

最後に

今回、この本を頂くきっかけとなったLaravelの日本コミュニティには
感謝したいと思います Facebookグループに入ったことがきっかけで、

その後Slackコミュニティにも参加させて頂き、本も頂き本当に感謝しています

本の中でも書かれていますがlarachat.jp @gmail.com に
メールすれば招待してくださるそうなのでぜひ参加してみるのもいいかと思います

コメントを残す