月別: 2013年10月

CentOS に Google chrome をインストール

CentOSにGoogle Chromeをインストールしました。

YUMからインストールする方法です
YUMのレポジトリを作成します

sudo vim /etc/yum.repos.d/google.repo

エディタが開いたら以下の内容を記述

OSが 64bit の場合 name と baseurlの i386 を x86_64 に書き換えてください

[google]

name=Google - i386
baseurl=http://dl.google.com/linux/rpm/stable/i386

enabled=1
gpgcheck=1

gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

インストール作業

正式、ベータ、開発の3種類あるので好きなバージョンを選択してインストール

正式バージョン(安定)のインストール

sudo yum install google-chrome-stable

ベータバージョンのインストール

sudo  yum install google-chrome-beta

開発中バージョンのインストール

sudo  yum install google-chrome-unstable

以上でGoogle Chromeがインストールされ使えるようになりました。

CakePHP コントローラでバリデーションチェック 2系

コントローラーでバリデーションチェックをする方法

  • CakePHPのバージョンは2系を使用しています。
  • 開発中に何度も使ったので書いておきます。
  • モデル名は Hoge です
  • app/Model/Hoge.php にはバリデーション処理が書かれています。
  • 使用ファイル
    • app/Model/Hoge.php
    • app/Controller/HogeController.php

app/Controller/HogeController.php

<?php //モデル Model にデータセット

$this->Hoge->set( $this->request->data );

// validatesメソッドを使ってバリデーションチェック
// エラーがない場合はtrueが返ってくる

if ($this->Hoge->validates()) {

    // バリデーションOKの場合の処理

} else {

    // バリデーションNGの場合の処理
    $this->log( $this->Hoge->validationErrors, LOG_DEBUG);

}

以上でコントローラーないでバリデーションチェックすることが出来ます。