CentOSにMozc (Google日本語入力)をインストール

CentOSにMozc (Google日本語入力)をインストール

同じようなことで悩む人が出ると思うのでメモ書きを…….

リポジトリのダウンロードを行う

wget http://download.opensuse.org/repositories/home:/sawaa/CentOS_CentOS-6/home:sawaa.repo

YUMのリポジトリ設定ファイルがあるディレクトリにコピー

sudo cp home:sawaa.repo /etc/yum.repos.d/sawaa.repo
// 現在使用しているユーザーのパスワードを入力

ダウンロードしたファイルの削除を行う

rm home:sawaa.repo

YUMを利用しMozcのインストール

sudo yum install ibus-mozc
// 現在使用しているユーザーのパスワードを入力

ibus-daemon を再起動して、mozc を認識させる

sudo killall -HUP ibus-daemon
//現在使用しているユーザーのパスワードを入力

以上Terminalで操作。

次は、GUI上で設定

System -> Preferences -> Input Method を選択

別ウィンドウで設定画面が開く

Use IBus を選択
Input Method Preferences….. を選択

また別ウィンドウで設定画面が開く。Input Method のタブを選択

カラムの中から Japanese -> Mozc を選択。

右にある Add を押す。

JISキーボードは、半角/全角 キー USキーボードは Alt + ` (1の左)のキーを押すと切り替え。

FedoraやUbuntuの方はレポジトリがすでに準備されているので インストールからでいいそう。

label, ,

About the author

コメントを残す